vio脱毛の衛生面 施術の注意について

vio脱毛についてvラインは自分の身体を正面から見たときに下着を着ても隠れないV字の部分のことを指していて、iラインは陰部の両サイド、oラインは肛門の周辺を指してします。vラインは、vioの中では比較的自己処理がしやすい箇所ですが、デリケートな部位なので肌を傷つけやすく炎症を引き起こす原因になったりします。iラインやoラインはvランンに比べて、自己処理がしにくい部分なので、ムレや皮膚のかぶれ、匂いなどの原因になります。vio脱毛では、毛を無くすだけの目的だけではなく、そういった皮膚トラブルの回避や改善そして衛生面を考えて行う方が多いそうです。

 

vioは繊細性からやはり自己処理はなるべく避け、エステサロンの脱毛エステに通い施術を受けるのがよいでしょう。vio脱毛では、一般的に効果を感じ始めるのが5〜6回程度で、その効果には個人差があるので、12〜24回程度は見ておく必要があります。vioラインは一般的に毛が太くて濃いものなので、現在のエステサロンで主流な黒色に反応するして脱毛する光脱毛などの効果が表れやすく、永久脱毛に近い効果があります。vio脱毛で得られる最大メリットは、面倒な自己処理からの解放です。

 

また、自己処理を行うことで起こっていた肌の炎症、黒ずみなどが少しずつなくなり、自分の身体が元から持っていた肌の色が戻ってきます。衛生面では、ムレや生理中のにおいの軽減などの清潔感を保つことが可能になります。デメリットを挙げると、完全に脱毛を完了してしまうと、将来的に毛を生やすことが難しいということです。若い年齢のうちはまだ良いですが、年を重ねても毛がまったくないようでは、みっともないと感じることがあるかもしれません。

 

vio脱毛の料金は各エステサロンで異なって言って、相場より安いものから、かなり高いものまで幅が広いですが、安易に安いものを選んでしまうと、施術後、肌がやけどしてしまったりするので、事前に使用している機器の衛生面や性能、脱毛の専門知識がある人がどれだけいるかチェックしておく必要があります。そのほかには、脱毛後は肌がとくに敏感な状態になるので、入浴の際に皮膚を強く擦る行為や、時期によってコタツやストーブなどで皮膚に熱を与える行為などは避けて、赤みがひどくなって痛みを感じるような事態になった場合は、毛穴の化膿を防ぐために軟膏を使用するなどのケアがいることなどに注意するとよいでしょう。